ダイアモンド・ガス・オペレーション株式会社


DGOについて

 ダイアモンド・ガス・オペレーション(略称:DGO)は、1990年に三菱商事の100%出資の子会社として設立されました。以来、三菱商事と共に、日本の電力事業及びガス事業向けを中心に液化天然ガス(LNG)の普及発展に努めてきました。

 DGOの中核業務の一つは、日本のLNG輸入通関・決済・納税等、貿易実務の代行を行ってまいりました。その取扱い数量は、日本のLNG輸入量全体の約三分の一に達し、お客様からの非常に厚い信頼を獲得して参りました。昨今では、クリーンエネルギーであるLNG取引量が世界各国で増加し、中期契約/スポット取引も活発化しつつある中、DGOでは確実なチェック体制を基盤と培ったノウハウを駆使し、日々業務を遂行しています。

 もう一つの柱として、世界のエネルギー、天然ガス動向について迅速、且つ正確な情報を日本語にまとめ、ダイアモンド・ガス・レポート(DGR)として発行、お客様への情報提供を行っております。天然ガス市場は、世界的な環境気運の高まり、グローバル化等、その環境は日々刻々と変化を生じております。DGOは今後も溢れる情報の中で適確な情報を取捨選択し、より有益で信頼性の高い情報をお届けしていきます。

 DGOは2004年10月にホームページ(DGOWEB)を立ち上げ、従来の冊子媒体のみならず、インターネットやEmailを利用した情報発信を展開してきました。新聞、雑誌等紙媒体の情報メディアも日進月歩で成長する情報の技術革新に暗中模索をしている中で、時代を先取りし、よりユーザビリティの高いホームページを目指して今回、リニューアルを行いました。これまでにも況して、多種多様なトピックスの提供に取り組んでいます。